本文へ移動

沖縄研究奨励賞

沖縄研究奨励賞について

《沖縄研究奨励賞の設置》
沖縄研究奨励賞(奨励賞)は、当協会の設立目的にある「沖縄の振興施策への積極的な協力」に関連し、これを推進する事業として、沖縄の地域振興に貢献する人材を発掘し育成することを目指して、昭和54年7月に設置されました。
 
《沖縄研究奨励賞の概要》
奨励賞は、沖縄を対象とした優れた研究を行っている50歳以下(応募の年の7月15日現在)の新進研究者(又はグループ)を受賞対象としています。 応募しようとする方(応募者)の出身地及び国籍は問いません。応募にあたっては推薦応募の形式をとっており、応募者は大学、学会または実績のある研究者などからの推薦を受けて応募しなければなりません。 学会等から推薦された応募者は、その年に開催される選考委員会に諮られ、受賞候補者が選考されます。 沖縄協会会長は、選考委員会から推薦された受賞候補者の中から当該年度の受賞者3名以内を決定します。 受賞者には、奨励賞として本賞と副賞50万円を贈呈し表彰するというものです。
 
《広がりをみせる沖縄研究》
本年度で第41回を迎える奨励賞は、これまでに120件(94名・8グループ)の受賞者を数えています。受賞に至らなかった研究の中にも受賞に値する研究が数多く含まれており、毎年開催される選考委員会での選考作業は、常に難航を極めています。奨励賞は、沖縄という特定の地域の専門的な研究を授賞対象としているにもかかわらず、近年では沖縄という限られた地域を超えて、 国際的な広がりのある普遍性を備えた研究もみられるようになりました。 また、応募者には、日本で研究活動を行っている外国からの研究者も含まれるようになりました。 沖縄研究の深さ、そして沖縄研究にかかわる人材の豊富さを実感させられます。
奨励賞は、沖縄の学術文化、地域経済の発展の基盤となる素晴らしい研究者とその研究を顕彰し続けています。
《終わりにかえて》
奨励賞の第1回の受賞者・大城喜信氏は、平成4年に沖縄協会が発行した 『沖縄研究奨励賞のあゆみ』の中で次のように述べています。
 
「沖縄は、地理的、歴史的、文化的、産業的な観点から研究テーマも豊富にあり、解決すべき課題も多い。しかしながら、沖縄では一般に研究開発に対する社会的評価が低く、 新しい分野に挑戦する者に対しては比較的冷淡であり、社会的には形が見えるまでは資金的 あるいは精神的支援の水準が低い段階にあると私は考えている。したがって、公的・私的研究機関を問わず研究者には厳しい条件が多いので、これを乗り越えるために余分なエネルギーが要求され、能力を十分に発揮しにくい環境であるといえよう。このような沖縄社会の空白部分に大きな光を当てたのが沖縄研究奨励賞であり、多くの研究者に目標を与えている」

『第40回沖縄研究奨励賞』受賞者

【受賞理由】

◆自然科学部門◆(敬称略)
 
琉球大学農学部教授・平良東紀(たいら とうき)
〔研究題目〕
「沖縄産植物の生体防御および泡盛古酒香生成に関与する酵素の研究」
〔受賞理由〕
病原菌から身を守る生体防御タンパク質の一つであるキチン分解酵素(キチナーゼ)は、病原菌の侵入や増殖を防ぐと言われている。平良東紀氏は、沖縄県内に自生しているリュウキュウイノモトソウやナガハハリガネゴケの新奇性のキチナーゼ、ガジュマル、パイナップル、ソテツなどから、キチナーゼを独特の手法で単離することに成功している。この研究は、亜熱帯植物の防護・保護の観点のみならず、植物一般の病害防除や新しい抗真菌剤の開発に応用でき、脱化学物質の方法論の基本ともなるものである。
また、沖縄特産の泡盛に関して、甘い香りやバニラ香の生成過程については解明が残されていたが、本研究では黒麹菌のゲノム情報や子工学的手法によって、黒麹菌の持つフェノール酸脱炭酸酵素が、バニラ香の元となる物質を作っていることを突き止めている。泡盛製造は沖縄の基幹産業の一つである。本研究の成果は、現在、足踏み状態にある泡盛の地位を築く解決策として期待される。平良氏は、泡盛製造において県内企業とも積極的に連携しており、もろみ酢の乳酸発酵に有用な乳酸菌の選抜・発酵条件の最適化、豚の腸内細菌叢の改善に効果のある泡盛蒸留粕乳酸菌発酵飼料の開発、泡盛パンに使われている泡盛発酵風味料の開発など、高付加価値化にも貢献している。学術的価値は言うに及ばず、亜熱帯地域沖縄の産業、地域振興にも大きく貢献するものであり、今後の幅広い応用を期待したい。
 
九州大学大学院理学研究院助教・細川貴弘(ほそかわ たかひろ)
〔研究題目〕
「琉球列島の昆虫共生微生物の多様性に関する研究」
〔受賞理由〕
ヒトを含む多細胞生物の体内には、多くの微生物(主に細菌)が生息しており、我々は微生物との共生体として存在している。これらの微生物類が進化の過程で、どのようにして宿主の体内に入り、宿主に不可欠になっていったのかを解明することは、生物学の重要な課題のひとつである。昆虫類には、宿主と共生微生物のお互いがいなければ生存できないという絶対的相利共生の関係を微生物との間で結んでいるものも多い。
細川貴弘氏の「チャバネアオカメムシとその共生微生物に関する研究」は注目すべきものである。本土各地のカメムシは1タイプの共生微生物しか有していないのに対し、琉球列島では多数のタイプの共生微生物が見られたが、これらの微生物はカメムシの成長に有用な働きをしていた。ところが、琉球列島の微生物の多くは、環境の土壌中で単独でも生活していたのである。これらは絶対的相利共生への進化的移行の途上であるとみなされ、絶対的相利共生関係の進化を理解する上できわめて重要な発見である。細川氏の研究は、生物多様性の著しく高い琉球列島の特質を生かすとともに、その特徴の一部を新たに解明したものでもある。同氏は、長く沖縄の自然に深く入って研究をすることにより、重要な発見を続けている。今後とも沖縄の自然に密着して学術振興に大きな貢献を続ける人材であると確信できる。
 
関西大学環境都市工学部建築学科教授・木下光(きのした ひかる)
〔研究題目〕
「国指定重要文化財中村家住宅に関する研究」
〔受賞理由〕
本研究は建築史、建築材料および環境工学の総合的視点から沖縄の伝統建築物のもつ特長、価値、性能をまとめたものである。沖縄の伝統的住宅に対する従来の学問的視点は、主に建築史であった。これに対し木下氏らの研究は、建築史の視点のみならず、チャーギや琉球竹、琉球赤瓦や漆喰等の地域固有の建築材料、建物を取り巻く琉球石灰岩の石垣やフクギがどのように涼風を取り込み、住快適性を生み出すのかを建築材料を造る工程や温度・湿度・風向きといった環境工学の視点から実測調査に基づく詳細図を作成。赤瓦や屋根の特長、取り巻く屋敷のユニーク性を中心に分析し、総合的に国指定重要文化財・中村家住宅を論じている。
これらの成果は、沖縄の伝統的建築物研究に留まらず、アジアの気候風土において建物と屋敷の関係はどうあるべきかという課題にまで発展させるものである。伝統的木造住宅の評価手法を新たに提示したことにもなり、文化財の建築物評価法に一つの知見を与えるものである。また、木下氏らは中村家住宅関係者や地域住民とも積極的に交流し、文化財のもつ価値、意義について啓蒙活動も行っており、研究の学術的価値とともに、地域づくりにも大きく貢献している。

沖縄研究奨励賞規則及び選考委員名簿(PDF)

選考委員

安 藤 由 美      (琉球大学人文社会学部・教授)
上 原 靜        (沖縄国際大学総合文化学部・教授)
大 城 學        (元琉球大学教授) 
狩 俣 繁 久      (琉球大学島嶼地域科学研究所・教授)
櫻 井 國 俊      (元沖縄大学学長)
田 名 真 之    (沖縄県立博物館・美術館館長)
西 田 睦    (琉球大学理事・副学長)
波 照 間 永 吉  (沖縄県立芸術大学名誉教授)
比 嘉 照 夫      (名桜大学国際EM技術研究所・教授、琉球大学名誉教授)
譜 久 山 當 則    (前沖縄振興開発金融公庫理事長)
牧 野 浩 隆      (元沖縄県副知事)
宮 城 隼 夫      (琉球大学名誉教授)
TOPへ戻る