本文へ移動

清ら蝶園

清ら蝶園

平成17年11月6日,沖縄平和祈念堂に「清ら蝶園」が開園しました。
園内には、神秘的な黄金の蛹から羽化し、羽を広げると13cmに達する国内最大級の蝶・オオゴマダラを飼育しています。ギリシャでは、蝶のことをプシュケ(「魂」の意)といいます。蝶園で育ったプシュケが戦没者を追悼し、世界平和の実現を祈る平和祈念像の使者として訪問者を優しく出迎え、命の尊さと平和の大切さを訴えています。
6月23日の慰霊の日には、戦没者の鎮魂と世界平和の願いを託された300匹の使者たちが、平和祈念堂大使、ボーイスカウト、ガールスカウトの手により平和祈念堂玄関前から霊域摩文仁の空に放たれることになっています。

清ら蝶園の概要

沖縄平和祈念堂附属蝶園 『清ら蝶園』
●構造:正面幅9m、側面幅15m、中央高さ4.8m、側面高さ3m、
鉄骨、網、ビニール製開閉式ハウス
●園内に飛び交う蝶:オオゴマダラ等
●園内への植栽:
【食草】ホウライカガミ(オオゴマダラ)
【蜜源植物】ヒメランタナ、タイワンレンギョ、その他
【蝶が休むための高木】タコの木、クバ
 
公益財団法人 沖縄協会は、
昭和47年9月20日に設立された
内閣府所管の公益財団法人です。
沖縄協会(東京本部)
03-5283-5111
メール✉はこちら
沖縄平和祈念堂
098-997-3011
メール✉はこちら
TOPへ戻る