本文へ移動

お知らせ

12年ぶりの〝摺り漆〟の作業が行われました。
2020-06-12
6月12日の閉館後、沖縄平和祈念像を恒久的に保存するため、平和祈念像の表面に生漆を摺り込む〝摺り漆〟の作業が行われました。この作業は2018年6月に続き3回目の実施となります。作業を指揮した糸数政次さんは、沖縄平和祈念像の制作にも携わり、毎年恒例(年2回実施)の浄めにも参加してくださっています。10名の漆職人により、約5時間かけ行われた作業によって、茶褐色の深みと艶が増し、完成当時のような美しい姿となりました。
まずは頭頂部から漆を塗っていきます。
作業は慎重に行われます。
続いて、胴体部分の作業です。
丁寧に摺り込みます。
沖縄協会(東京本部)
03-5283-5111
メール✉はこちら
沖縄平和祈念堂
098-997-3011
メール✉はこちら
TOPへ戻る