本文へ移動

お知らせ

令和元年沖縄全戦没者追悼式前夜祭を開催いたしました。
2019-08-07

遅くなりましたが、622日に開催された『令和元年沖縄全戦没者追悼式前夜祭』の様子をご案内いたします。この行事は、慰霊の日と沖縄県が主催する沖縄全戦没者追悼式をより意義あらしめるため、沖縄県、(一財)沖縄県遺族連合会、(公財)沖縄県平和祈念財団の共催を得て毎年開催しています。当日は、県民をはじめ沖縄県遺族連合会や日本遺族会の関係者、各関係機関の代表など約400名が参列し、戦没者の冥福と恒久平和を願いました。第一部式典では「鎮魂の火」の献火、「平和の鐘」の献鐘を合図に参列者全員で黙祷を捧げ、主催者を代表して野村一成当協会会長が「令和の時代を生きる私達は現在の生活が幾多の尊い犠牲の上に築かれたことを決して忘れず、戦争への反省と世界平和への決意を新たにし、戦没者追悼の象徴である沖縄平和祈念堂から全世界の人々に、恒久平和の実現を訴え続けていくことを誓う」と鎮魂(しづたま)のことばを述べました。第二部は、琉球古典音楽各会派による献奏や琉球舞踊家による舞踊奉納が行われ、会場は厳かな雰囲気に包まれました。

沖縄協会(東京本部)
03-5283-5111
メール✉はこちら
沖縄平和祈念堂
098-997-3011
メール✉はこちら
TOPへ戻る